FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんばんは。


 昨日から公開された「トリック劇場版 ラストステージ」を観てきました(^^)


ウィキペディア先生によれば、

 『自称天才マジシャン・山田奈緒子と、日本科学技術大学物理学教授・上田次郎のコンビが、超常現象や、奇怪な事件に隠されたトリックを解決していくミステリードラマ。』

 と紹介されている作品なのですが、色んな作品のパロディ・小ネタなんかが盛りだくさんと、コメディ要素が強い側面もあり、「濃ゆる~い」雰囲気が、個人的にはたまらんのです(^_^)


私の人格形成に多大なる(悪)影響をもたらした作品であると言っても過言ではないでしょう。



 まぁそんなわけで、①アニメではなく実写映画を、②公開初日に観に行ってしまうという、二重の意味で異例の事態と相成りました(笑)



 これで最後だと思うと寂しいものがありますが、何だか続編とかやってくれそうな気がしないでもない(^_^;)
 


 しばらくは「トリック熱」が再燃しているので、会社で上司から無理難題言われても「ど~んとこ~い!!」とか言わないように気をつけます。



スポンサーサイト

めんま、見ぃ~つけた!!

こんばんは。

私の住むところでは、台風による目立った被害もなく、落ち着いた夜となっていますが、皆さんのところではいかがでしょうか?


さてさて、先週に引き続き、予告通り観に行ってきました。

「劇場版 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」


同じアニメーション作品でも、「ジブリ」か「非ジブリ」かという点で、社会(おもに女性から)における先入観に大きな差がありますね。


御多分に漏れず、私の相方様もその一人だったので、その先入観を解き、どうやって映画館まで連れて行ったものか…と、ずいぶん頭を悩ませていました。


ですが、ひょんな機会にアニメ作品の話題になり、「あの花」面白いよ?的な話をしたわけですよ。


絵柄をみた最初の反応は、「あ、やっぱり目がおっきい女の子(二次元女子)が好き?」的な感じでしたが、構わずゴリ押しして全話観させてみました。


いつになく強気な私。
だって、いわゆる「目がおっきい女の子」大好きだもんσ( ̄∇ ̄o)



案の定、あくる日の朝、私が起きていくと、相方様がすすり泣く声が聞こえてくるわけですよ。

そしてテレビからは「めんま、見ぃ~つけた!!」(最終話のクライマックスシーン)の声。



良いものは、良い。それが証明され、且つ私が勝利を収めた瞬間でした(笑)




そんな一幕もあり、話は映画当日へ。

まず、「映画館でチケットを買う時に、タイトルを噛まずに言えるか?」という課題に直面したのは言うまでもありませんが、まぁ、そこは略称の「あの花」で問題なくクリア。


客層は、ファミリーから男一匹の勇者まで様々で、特に私ら二人が浮く感じもなかったです。


「総集編」の部分が多く、新作映像はそこまで多くなかった感がありますが、本編から1年後の超平和バスターズの面々を見ているだけで、こみ上げてくるものがありますよ…

じんたんが髪を切って爽やかにイメチェンしてたり、あなるが清楚な感じになってたり。
ゆきあつは相変わらず女装癖があるのかなぁ…なんて考えていただけで、私の両の眼から「汗」が(笑)


さらにその「総集編」として当然、「最終回の泣き所」もふんだんに盛り込まれてしまったわけで。
「もうこれ以上、涙の流量は増えまい」なんてタカをくくっていたら、鼻水まで垂れてくる始末。


ここまで色々と垂れ流しにさせられた映画は初めてかもしれません。




さて、そんなこともあり、我が家でも徐々にアニメ解禁となってきております。



とりあえず、現在まで無難に「あの花」「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」を観てもらったわけですが…

最初からハードルを上げ過ぎて、次は何を見せたものやら…というのが最近の私の悩みとなっています。


「魔法少女まどか☆マギカ」はいくら良作とはいえ、絶対に理解を得られそうにないので、劇場公開したら、こっそり見に行くことになると思います(-_-)



※すいません、時間が遅くなってしまったので、ブログ訪問は来週させていただきます…

風、立ちました。

こんばんは(^^)
日曜日で特にやることもなかったので、相方様と連れ立ち、フラッと映画を観に行ってきました。


そう「風立ちぬ」


劇場公開から1か月以上経つのに、凄い客入りでした。映画のランキングとかを見ても、ずっと1位をキープしているのも納得ですね(゜o゜)


ジブリ作品は結構見ているのですが、実は劇場で観るのは初めてだったりもします(笑)
「風の谷のナウシカ」とか、物心つく前の作品はやむを得ないとしても・・・


「もののけ姫」とか「千と千尋の神隠し」とか、海外でも高い評価を得た作品も、自宅でテレビ鑑賞したのみ(^_^;)
「物心」なんて、とっくの昔についていたハズなんですけどね(笑)





さてさて、具体的な内容については、これから観る方のために伏せておくとして…それとは余り関係ないお話を。


映画の途中で相方様、泣いてました。

鬼の眼にもn…ゲフンゲフン。


どうやら、主人公の妻・菜穂子に感情移入していたようです。
健気で一途に描かれていましたし、「好きな人には、綺麗な所だけ見ていて欲しかった」なんて他の登場人物から評される女性だったあたり、何か感じる所があったんでしょうね(^_^)


私の方は涙の一滴も出ませんで、若干の温度差がありましたが(笑)


来週あたり、劇場版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」を観にいく予定なので、タイトルが出るまでに泣く自信はあります、と宣言しておきましょう。





今回のオチに向けて。


主人公の堀越二郎がどことなく「淡々としゃべっている」ような気がしてしまって…


映像としては「飛行機への情熱」とか「奥さん(婚約者)への愛情」とかが、余すところなく素晴らしいクオリティで表現されているのに、なぜか喋り方(声の表情?)が伴ってないような…

そういう設定なのか、しゃべり方の問題なのか、はたまた私の感性の問題なのかは存じませんが…ほんと、何となくですけど。


なんて思っていたら、私の相方から。

「二郎さんとあなた、似てるよね?」


…あれ、私はそんなに感情の起伏が乏しいですか??


私をアニメで表現するなら「目のハイライト」が消えちゃった絶望した感じの瞳を引っ提げ、ダークな雰囲気を纏わせて…って、それはそれで結構カッコよくないか…

絶望した人。_convert_20130908211600



どうやら「仕事熱心で奥さん(婚約者)思い」なところが似ている、らしいのですが…


その両方が今一つ感じられずにいたんですよぉ…

2012年夏アニメ感想③(終)


 ここ最近飲み会に行くと、必ずと言って良いほど、記憶が飛びます(-_-)


 人様に迷惑をかけた、という話は聞きませんが、自分が記憶していないことを、他人が記憶しているというのは、あまりいい気分がしませんね・・・


 節度をもって楽しみたいのに、そうは周りが許しません(笑)



 さて、今回で夏アニメの感想も最後になります。
 ※ソードアート・オンラインは、2クール作品なので、完結するまで待つことにします


 ・境界線上のホライゾンⅡ

 ・じょしらく

 ・ココロコネクト
続きを読む

2012年夏アニメ感想②

台風接近中につき、風が凄いことになってますね(+o+)

関東は、まだ「接近中」といった所ですが、お住まいの地域はいかがでしょうか??



さてさて、そんな台風も何のその、今宵も暢気に夏アニメの感想を書いていこうと思います(^^)


・ゆるゆり♪♪

・恋と選挙とチョコレート

・輪廻のラグランジェ


(以下、追記にて)
続きを読む
プロフィール

アザゼル篤

Author:アザゼル篤
こちらはとある暇人が、自分と、これを読んで下さる方の暇をつぶすためのブログでございます。


「暇人」を名乗る割には更新頻度がやや少なめですが、気ままに日常を綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

35歳、結婚できないと諦めていた女がイケメンにプロポーズされるまでの婚活ブログ

素数の耳たぶ。

ブルおま ~ブルータスおまえも音楽好きか!?~

にこらん?

お悩み情報局

---

インフィニテの華麗でない日記

★ Supaku Blog ★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。